静岡県後期高齢者医療広域連合のホームページレイアウト用テーブルです。
このページの本文へ静岡県後期高齢者医療広域連合 ホームページの目次へ

静岡県後期高齢者医療広域連合

文字の大きさを変更する文字の大きさを標準にするボタン文字の大きさを拡大するボタン

このページの本文です。

後期高齢者医療広域連合とは

保健事業の実施計画


  保健事業の実施計画とは

  後期高齢者医療制度とともに平成20年度からスタートした特定健診制度により、レセプトの電子化に加え、健診データの電子的標準化が実現しました。
 また、平成26年度に国保データベース(KDB)システムが導入され、健康・医療情報を活用した事業運営を行うための基盤の整備が進んでいます。
 このような状況の中、政府が発表した「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)において、“国民の健康寿命の延伸”が重要な柱として掲げられ、保険者に対し、レセプト等のデータ分析、それに基づく「データヘルス計画」の作成・公表、事業実施、評価等の取組が求められました。
 後期高齢者医療広域連合に対しては、「高齢者の医療の確保に関する法律に基づく保健事業の実施等に関する指針」(平成26年厚生労働省告示第141号)により、健康・医療情報を活用してPDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業の実施を図るための保健事業の実施計画(データヘルス計画)を策定した上で、保健事業の実施
及び評価を行うこととされました。
 そこで、静岡県後期高齢者医療広域連合においてもデータヘルス計画を策定した上で、糖尿病性腎症の発症・重症化予防対策をはじめとする保健事業の実施及び評価を行っていきます。


 
・保健事業実施計画(データヘルス計画)(PDF)




PDF書類を閲覧するにはAdobe社のAcrobatReaderが必要です。
右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。(無料)

PDF書類を閲覧するにはAdobe社のAcrobatReaderが必要です。(無料)ここをクリックしてダウンロードしてください。







← 前のページへ戻る