静岡県後期高齢者医療広域連合のホームページレイアウト用テーブルです。
このページの本文へ静岡県後期高齢者医療広域連合 ホームページの目次へ

静岡県後期高齢者医療広域連合

文字の大きさを変更する文字の大きさを標準にするボタン文字の大きさを拡大するボタン

このページの本文です。

交通事故にあったとき

高齢者の医療の確保に関する法律第58条

 交通事故など第三者からの行為によりけがをして治療を受ける際も後期高齢者医療で治療を受けることができます。その場合、第三者からの行為による傷病に係る治療費については、本来、加害者が医療費を負担するものであるため、後期高齢者医療が医療費の一部(7割もしくは9割)を一時的に立て替え、被害者に代わり加害者へ請求します。

○お願い

 第三者からの行為によりけがをして治療を受ける場合には、第三者行為に係る傷病届が義務づけられています。(高齢者の医療の確保に関する法律施行規則第46条)
 いち早い届出とともに下記事項についても対応くださいますようお願いします。

 【届出について】
 ・お住まいの市役所(区役所)・町役場へ第三者行為に係る傷病届等の提出を
  お願いします。傷病届等必要書類の様式についてはこちら

 【病院へかかる際】
 ・交通事故など第三者からの行為によりけがをして治療を受ける際は、医療機
  関でその旨を申告してください。

 【示談について】
 ・第三者行為の相手から治療費を受け取ったり、示談を受けてしまうと後期高齢
  者医療が使えなくなってしまうことがあります。示談の前には、お住まいの市役
  所(区役所)・町役場の後期高齢者医療担当窓口へご相談ください。

← 前のページへ戻る